萩原能久研究会




団体紹介


萩原能久研究会では、政治哲学・現代政治思想を主な研究対象としています。2020年春学期は、毎週水曜日4.5限に約1冊のペースで文献を読み、司会者・担当班を中心にオンラインで議論を行う形式をとっておりました。2020年秋学期は概ね、対面形式で文献講読を進めていく方針です。
今回、弊研究会では、「デモクラシーの変容」というテーマに沿って論文を作成いたしました。



企画詳細


PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る