中妻照雄研究会




団体紹介


中妻照雄研究会は、ビジネスの世界で即戦力として活躍できる『グローバルリーダー』の輩出を目指し、
武器として現実を読み解く『データサイエンス』と世の中の仕組みを理解する『ファイナンス』の学習を大きなテーマとした研究を行なっています。学生は各々の興味関心に合ったオリジナルな研究をしており、そのテーマはデータサイエンス、フィンテック、機械学習、ベイズ統計学、人工知能、アセット・マネジメント、コーポレート・ファイナンスと多岐に渡ります。また経済学部の中でも、英語を母語とする留学生や、PEARL生が多い事を特徴としており、研究も英語で行われる事が大半となっています。



企画詳細


中妻照雄研究会の三田祭論文の要約を紹介しています。

PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る