堤林剣研究会




団体紹介


こんにちは!法学部政治学科の政治思想系ゼミ、堤林剣研究会です。 ゼミの運営は古代ギリシャの直接民主制を採用しており、とても自由度が高く、ゼミ員全員の意思を尊重するということが特徴です。毎週水曜日の4限(4年生)・5限(3年生)に文献の輪読や論文についての発表といった活動を行っています。 ゼミの時間には、西洋政治思想を扱うことが多いですが、ゼミで輪読する書籍の決定は直接民主制に基づきゼミ員の話し合いによるため、読もうと思えばなんでも読めます。 三田祭論文や卒論のテーマは自由ですが、思想系列のゼミということもあり、政治思想関連の研究を行っている人が多いです。 今回は3年生の執筆した三田祭論文を特別に公開します!



企画詳細


3年のゼミ員がハンナ・アーレントについて研究した三田祭論文です。ぜひご覧ください!

PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る