竹ノ下弘久研究会




団体紹介


研究内容 本研究会では社会階層論を政治、経済、地域社会等から多角的に研究しています。 社会階層論については、人々が現代社会に生きていくために必要な社会的資源の不平等な配分のあり方に注目し、資源の不平等配分が生じる社会的メカニズムを考察しています。 ゼミでは、格差不平等問題や地域社会における社会関係資本に対する問題関心をさらに深めるべく、フィールドワークを通しての質的調査や量的データの統計分析も行っています。 教授はどんな人ですか? 仏です。こんなに心の広い教授に初めてお会いしました。仏です。 どんな学生がいますか? 半端なく個性豊かです! 課題は多いですか? 前期に数回、事前に小さな論文を読み、簡単にまとめる課題が出たくらいです。 授業外での交流はありますか? あります。前期はオンライン飲み会、後期も既に貸し切りBBQしたりしてます! 最後に一言! 入って後悔しない、間違いないゼミです。是非、Zoomにお越しください!



企画詳細


「ゼミ説明会&三田論発表」のお知らせ

竹ノ下弘久研究会では「ゼミ説明会&三田祭論文発表」をZoom配信で行います!日時は11/23(月)14:30〜16:00です。
参加希望の方はTwitterに掲載されてるフォームにご回答お願い致します!
※開始1時間前までには登録メールアドレスにZoomリンクをお送り致します。

Twitterアカウントを見る


竹ノ下ゼミでは統計分析を用いた社会階層論研究を主に行っています。研究の成果を覗きに来てみてください!



ひとり親世帯における貧困から生じる教育格差

PDFを見る


教育の地域格差

PDFを見る


貸与型奨学金の現状とローン回避行動

PDFを見る


女性の社会進出の阻害要因の分析

PDFを見る


都市部と地方部の地域協力比較について

PDFを見る


日本人の排外意識規定要因

PDFを見る


女性の社会進出の阻害要因の分析

PDFを見る


経済資本の格差が心の健康状態に与える影響についての研究

PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る