白井義昌研究会




団体紹介


私たちのゼミでは、国際経済学について学んでいて、普段は水曜日の4,5限に国際貿易論を学ぶグループと国際金融論を学ぶグループに分かれ、論文の輪読、発表を行っています。今年度の三田祭では、貿易グループが普段のゼミで扱っている、Accounting for intermediates :Production sharing and trade in value added という論文の中で述べられている、「貿易の中でどれだけの付加価値が生み出されているのか」という数値の、VAXratioをworld input-output databaseのデータから、統計ソフトを用いて計算し、その結果の考察を行います。



企画詳細


私たちが普段扱う論文で取り上げられる貿易の付加価値の測定とその比較や考察を行い、概要をまとめました。

リンクへ行く


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る