佐藤祐己研究会




団体紹介


本研究会では、3年生の春学期にミクロ経済学ベースの金融とファイナンスの基礎理論を学び、その後3つのグループに分かれて三田祭論文を執筆しました。 ①クラウドファンディングにおける人々の利他的行動をテーマとし、普段経済的合理性を持って行動していると考えられる人々がどのようなときに利他的行動をとるのか分析し、論文を執筆しました。 ②学生給付金が正しい額で正しい伝え方で配布されたかを分析し、より良い方法があったかどうかを検証し、論文を執筆しました。 ③慶應義塾大学の基金運用における最適ポートフォリオを求めることをテーマとし、コロナウイルス感染拡大の影響で増えた奨学金5億円の負担分を賄えるように目標リターンを設定し、それを達成するような資産運用ポートフォリオを導出し、分析を行い、論文を執筆しました



企画詳細


クラウドファンディングにおける人々の利他的行動について、今行っている研究の内容を紹介しています。

PDFを見る


学生給付金政策に対する評価と提言について、今行っている研究の内容を紹介しています。

PDFを見る


慶應義塾大学の基金運用における最適ポートフォリオについて、今行っている研究の内容を紹介しています。

PDFを見る


入ゼミ関連の資料です。

PDFを見る




この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る