河端瑞貴研究会




団体紹介


河端瑞貴研究会ではGIS(地理情報サービス)を利用し空間分析を行っています。ゼミでは普段GISの利用方法を輪読で学んでいます。 GISとは情報を地図上に表示するサービスです。これを利用して経済的課題を把握し解決することを考えています。
今回の三田祭論文ではコロナウイルス感染者と地理的要因の分析、コロナウイルスによる営業自粛店舗の位置関係、出生率と地域間格差の3つを調べています。
各班前期オンライン、後期オンラインと対面のハイブリッドで頑張りました。ぜひ見てください!



企画詳細


(1)動画を見る


(2)動画を見る


(3)動画を見る


(1)PDFを見る


(2)PDFを見る


(3)PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る