岡本大輔研究会




団体紹介


私たちは岡本大輔研究会です!
岡本大輔研究会の研究領域は計量経営学・企業評価論です。財務諸表や統計ソフトSPSSを使った実証研究を用いて日々研究を行っています。岡本教授は現在商学部長を務めており、ゼミ員38人と共に「ガッツリ学んで、ガッツリ遊ぶ!」をモットーに日々ゼミ活動に励んでおります。

三田祭の論文は3年生がゼミに入って初めて、岡本教授のご指導のもと書いている論文です。日本企業に最適なダイバーシティマネジメント、業界によるSDGsの効果、女性管理職と企業業績の関係、成果主義が従業員に与える心理的影響などの研究の題材を各班で決め、教授や先輩、大学院生などからのフィードバックやアドバイスをもらいながら研究を進めております。是非ご覧ください!



企画詳細


岡本大輔研究会の論文です。ぜひご覧ください!

PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る