大沼あゆみ研究会




団体紹介


初めまして、大沼あゆみ研究会です。

私たちは、火曜日の本ゼミに新聞発表と輪読を行い、金曜日のサブゼミで、3年生のみ三田論作成に向けて活動しています。

今回の三田祭では、3つのポスターをオンライン上で発表します。ゼミ員3年生が班ごとにそれぞれ異なるテーマを設定し、フィールドワークや聞き取り調査を基に研究しました。「日本におけるウナギの持続的な生産・供給方法の考察」、「木質バイオマスボイラーの園芸農業での普及」「シェアリングエコノミー活用による環境分析」の3テーマです。

環境経済学に少しでも興味のある方はメインポスターをご覧になって「環境経済学とはどんなものなのか」また、「このゼミではどのようなことを研究しているのか」、を感じていただけたら嬉しいです。

どのポスターもとても面白い研究内容に仕上げたので、是非ご覧ください。



企画詳細


シェアリングエコノミービジネスによる衣服廃棄問題解決の可能性

(1)PDFを見る


日本におけるウナギの持続的な生産・供給方法の考察

(2)PDFを見る


農業における木質バイオマスエネルギーの普及について

(3)PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る