植田浩史研究会




団体紹介


植田浩史研究会では、日本や海外産業、企業についての研究を文献や実際の企業訪問などを通じて行います。また、研究会での勉強や経験を活かして、現実の産業、企業、技術に対して歴史的視点、現状分析的視点、国際的視点から考察していきます。そして、企業や産業・地域の現場で起きていることを知ると共に、そこで起きている問題を正確に理解し、多面的かつ論理的に分析していく力をつけていくことを課題としています。



企画詳細


中小企業が SDGs 活動に効果的に取り組むための考察―株式会社 DG TAKANO の事例を通して―

(1)PDFを見る


フードロス対策に取り組む中小企業に対する発展戦略

(2)PDFを見る


中小企業の旅館の事業承継について

(3)PDFを見る


コロナ禍における中⼩飲⾷業界のフィンテックの活⽤

(4)PDFを見る


中⼩企業の次世代型資⾦調達⽅法の提案

(5)PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る