李光鎬研究会(メディコム)




団体紹介


メディアコミュニケーション研究所「李光鎬研究会」です! 私たちは、毎週金曜日の5限に活動しています。李先生は社会心理学を専門にされていて、このゼミではメディアに対し、社会心理学の視点から課題を見出した研究を行っています。前期は、メディアに関する知識を補うために輪読の輪読や、分析ソフトの練習に取り組みました。夏休みからは三田祭に向け、チームに分かれて論文執筆に取り掛かりました。昨年度からはチーム共通の大きな三田論テーマが設けられ、今年度は「メディアと感染症」という共通テーマを基に、5つのチームに別れて論文を執筆しました。今年度は、「各チームの論文テーマを紹介した動画」と「各論文のPDF」での発表となります。メディアと感染症というテーマにご興味がある方は、ぜひ李光鎬研究会の動画・論文をご覧ください!



企画詳細


李光鎬研究会の今年度の三田祭論文テーマ「メディアと感染症」と5つの班のテーマを紹介しています。ぜひご覧ください!

動画を見る


三田祭論文A班「朝日新聞「新型コロナウィルス」に関する記事の分析と大学生における議題設定効果の検証」を紹介しています。

PDFを見る


三田祭論文B班「大学生の外出自粛下における動画視聴実態についての調査」を紹介しています。

PDFを見る


三田祭論文C班「大学生のエンターテインメント利用とリスク認知―コロナ禍における動画視聴利用実態と培養効果―」を紹介しています。

PDFを見る


三田祭論文D班「インフォデミック発生の心理的要因ーコロナ禍における Twitter 利用調査から ー」を紹介しています。

PDFを見る


三田祭論文E班「大学生における、自粛生活に伴うコミュニケーションの変化について」を紹介しています。

PDFを見る


この企画をシェアする


ツイートする 投稿する LINEで送る